機密文書の処理

歴史的書物が永遠に綺麗に保存できたら良いですよね!話題のスキャン ocrならそんな価値の高い書物も綺麗に復元できてデータにも残せちゃうので文献を扱うお仕事の方には必見ですよ!

『機密文書を処理せよ』
いきなりこんな言葉がポンと出てきたら、「お、新しいスパイ小説か何かか?」と思う人もいるかも知れませんね。
ま、実際アメリカあたりのスパイ小説にありそうです、トム・クランシーあたりが書きそうな感じですよね。

でも、実はそうじゃありません。ここで言う『機密文書の処理』、ビックリするほど身近でも行なわれていますよ。たとえばオフィスづとめをしてますというあなた。
あなたの会社でもこの作業は行なわれています。
「ウチに機密文書なんかないですよ!」なんて仰るかもしれませんが、そういう名前の書類であるからといって何も、何やらいわくありげだとか、どこかに奪われたら国家の危機だとか、そういうレベルの話じゃないんです。
逆に言えば、どんな会社にも、機密文書と呼ばれる書類はありますよ。コレはですね、機密にしなければならない情報――つまりオイソレとは外に出せない情報を、書き記してある文書のことなんですね。
そういう情報っていうのは何も、いわくありげな感じでなくても会社にはいくつかあると思います。この情報がもれたらうちの経営は成り立たない……というような種類のもの。
たとえば経営戦略とか営業戦略に関することだとか、会社の方針だとか、あるいは《企業秘密》という名で呼ばれる、企業が成り立っている根本の理由だとか。

そしてそういう書類があるとき、困るのが――文書の処理の方法なんです。何しろ情報が漏れたら困るわけで、そのへんに丸めてポイというわけにはいかないではありませんか。
判読不可能な処理が必要なんです。実に……実にさまざまな方法があるんですよ。

Comments are closed.